法人向けパソコンのデメリット

ソフトのインストール作業が必要

新たにパソコンが必要な時は買わないといけませんが、家電量販店で家庭向けパソコンを買うと自宅に持ち帰ってすぐに使えます。それは既にOSやソフトがインストールされているためで、ネット検索や文書作成なども電源を入れただけでできるようになっています。では法人向けパソコンはどうかですが、基本的にはソフトはインストールされていません。OSのみインストールされているタイプが多いですが、指定すればOSもインストールしていないタイプが選べます。法人向けはそれぞれの企業が必要なソフトを自由にインストールして使うのを前提にしているので、届いたらまずインストール作業やその他の設定をする必要があります。有料でビジネスソフトをインストールしてもらうサービスの利用は可能です。

デザインの選択があまりできない

パソコンを自宅のみで使うならあまりデザインなどを気にしないでしょうが、カフェなどで使うならそれなりに人の目が気になるかも知れません。家庭向けパソコンはデザインの種類も豊富でカラーなども選べるので、自分の気に入ったデザインのものから選べるようになっています。法人向けパソコンに関してはメーカー直販が多く、メーカーのサイトで製品をチェックするとラインナップが調べられます。一応CPUのスペックなどが選べますが、どれも外観は同じタイプで好きなデザインを選べる余地はなさそうです。法人向けパソコンは業務で利用するのを前提にしているので、オシャレなデザインや色々なカラーは用意してくれていません。仕事用と割り切って使うしかないでしょう。